スマートスピーカー向けのアプリ開発、音声インターフェイス(VUI: Voice Interface)や音声UXデザインの開発

ぐっすり眠れる!快眠をもたらすヨガのポーズ5選

「最近よく眠れない」「寝つくまでに時間がかかってしまう」「朝起きて、寝たりない気がする」そんな悩みはありませんか?
質のよい睡眠が取れないと疲れが取れず、心も体もすっきりしないまま一日を過ごすことにも。
そんな悩みをお持ちのあなたに、気持ちのよい睡眠をもたらすヨガのポーズをご紹介します。
ヨガ歴6年の筆者も実践しているお勧めのポーズ5選です。

最初に

灯りを暗くした静かな部屋で行うことをお勧めします。
リラックスできる音楽があれば、流すのもいいですよ。
なお無理は禁物なので、痛みを感じるほど頑張ってポーズを取らないようにしてくださいね。ポーズを取っていて、気持ちいいと感じることが大切です。

ポーズ5選

安楽座

  1. あぐらをかいて座ります。この時、骨盤と背骨をしっかりと立てることがポイント。
  2. 手を膝の上に置き、親指と人差し指で輪を作り、残りの指は伸ばす。
  3. 目を閉じ、鼻から息を吸ってお腹を膨らまし、吐いてお腹をへこませる腹式呼吸を意識します。20回行うのが目安です。

ゆっくりと深い呼吸をすることに集中してください。そのうちに肩の力が抜け、気持ちが落ち着くのを感じるはず。

チャイルドポーズ

  1. 正座で座り、体を前に倒します。
  2. 両手、おでこを床につけ、肩や背中など上半身のすべての力を抜きます。
  3. 鼻からゆっくりと息を吸って吐いて、1分行います。

肩、腰の筋肉がじんわりと優しく伸びるのを感じ、心も体もリラックスできます。

ダウンドッグ

  1. 床に四つん這いになって、手は肩幅、足は腰幅に開きます。
  2. 腰をゆっくりと持ち上げ、体全体で三角形を作るイメージで。
  3. できればお尻を後方に少しずつ傾け、背中を伸ばします。
  4. 鼻からゆっくりと息を吸って吐いて。1分キープ。

体勢がつらいと感じた場合は、膝を曲げても構いません。 かかとが浮いていても大丈夫。
このポーズでは、背中をしっかり伸ばすことが一番重要です。
血が全身を巡り体が温まることで、心地よく眠りにつくことができますよ。

ねじりのポーズ

  1. 両脚を前に伸ばして座ります。
  2. 右足の膝を立て、左足の上をまたがせます。
  3. 息を吸い背筋を伸ばしながら、上体をゆっくり右へねじります。
  4. 右手は軽く床に添えるように。左腕の肘は右膝にかけます。きつければ曲げずに伸ばしたままでもOK。
  5. 息を吸って背筋を伸ばし、吐きながらより深くねじれるようにします。
  6. 1分行った後は、反対も同様に。

お腹をねじることによって、内臓に刺激が加わります。内臓機能が高まり老廃物の排出が促されることで、体がすっきりします。

屍(しかばね)のポーズ

  1. 床に寝転がり、手足を好きな位置に広げます。
  2. 体の力を抜き、目を閉じ何も考えない。それが難しければ、自分の呼吸に耳を傾けます。
  3. 5分キープ。

ヨガの究極のポーズとも言われている屍ポーズ。
「ただ寝ているだけじゃないか!」と思われるかもしれませんが、何も考えず横になっていることは意外に難しいもの。それができた時、体の力はすっかり抜け、すんなりと眠りに入っていくことができます。
床で行い、眠くなってからベッドに入っても、ベッドの中で行い、そのまま寝てしまうのもありです。

最後に

私は、これらのポーズを取ることによって、体はすっきりし、心は穏やかになった状態で布団に入ることができています。
ご紹介した5つのポーズは、すべて行っても10分ほどでできます。順番は1~5の流れで行うのがお勧め。
5つはできないという時は、1つでも体の違いを感じることができるので、ぜひ試してみてください。
快眠をもたらすヨガのポーズで心も体もリラックスさせ、良質の睡眠を取りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です