スマートスピーカー向けのアプリ開発、音声インターフェイス(VUI: Voice Interface)や音声UXデザインの開発

MA(マーケティングオートメーション)とは?

マーケティングオートメーションを利用することで、One to Oneリテンション施策を簡単に行うことができます。

一度資料請求を行った顧客に対してステップメールを配信することはもちろん、メールを開封された方とされなかった方に対して別のタイミングでメールを送ることもできます。

もう一つ効果的なのが、顧客スコアリングを元にアプローチ優先順位をつけることです。

資料請求フェーズで止まっている顧客の中でも、「メールを開封してくれた顧客」や「何度もwebサイトに訪れてくれた顧客」の方が、「メール開封されていない顧客」や「webサイトに訪問していない顧客」よりも興味関心が高い可能性があります。

ある一定以上のポイントに達した顧客に関しては、営業が電話などフォローを行うことで購買意欲が高まることが予想されます。

マーケティングオートメーションの機能を活用することで、対象顧客がアクションを起こした後に最適なタイミングで営業活動を行うことへと繋げられます。

MAを活用することで、いままでは人力で追客を行ってきたものを、半自動的に追客ができるようになります。