スマートスピーカー向けのアプリ開発、音声インターフェイス(VUI: Voice Interface)や音声UXデザインの開発

心地よい揺れは、快眠に良い!さらに記憶力UPの効果も!

ぐずってなかなか寝てくれない赤ちゃん、思わず車に乗せてしばらくドライブするという経験があるママは少なくありません。あるいは、ベビーカーに乗せてしばらくゆらゆら揺らし続けたり。実際、幼少期を思い出すと子供のころに車や電車の中で知らぬ間に寝てしまうことが多かったはずです。

実はこの心地よい「揺れ」は、大人にも有効だという研究結果が出ました。さらに、記憶力の強化にもつながるというこの研究、いったいどんな内容なのでしょうか。

寝つきがよくなるだけではなく睡眠の質が上がる!

「揺れ」と「睡眠」の研究を行ったのは、スイスのジュネーヴ大学です。

 大学の研究チームは、18人の健康な若者にボランティアとして研究に参加してもらいました。研究では、特別に作られたベッドを使用。このベッド、一晩中かすかに揺れるようセットされています。振動は果たして、睡眠にとって吉と出るのか凶と出るのか?

 結果は、参加者たちは通常よりも夜中に目覚める回数が少なく、深い睡眠を得ることが明らかになりました。朝の目覚めも、非常に穏やかであったそうですから、いいことずくめです。研究チームでは、優しい振動が睡眠の脳波を誘発するためだと推測しています。

睡眠中の振動によって記憶力まで強化される

実際の実験は、参加者たちがジュネーヴの睡眠研究所に3泊して行われています。

 1夜目はまず研究所の雰囲気に慣れるため、2夜目は振動のあるベッドで睡眠をとり、3夜目は同じベッドで振動なしで眠り、それぞれの脳波が観察されたのです。そして、振動が確実に深い睡眠を誘発することが証明されたのでした。

 また、質の良い睡眠と記憶力に関する実験は、就寝前にいくつかの言葉を覚えてもらい、翌朝どのくらいそれを思い出せるかという非常にシンプルな手法で実施されました。その結果も、振動のあるベッドで寝た翌朝がもっとも正確に思い出せることが明らかになったのです。

もちろん、一晩中実験者に与えられた「振動」は、吐き気などを催さないように非常にわずかなものであったそうですが。

 

揺れるベッドはトレンドに?

 赤ちゃんを腕に抱いて揺らすことは難しくありませんが、一般家庭で大人のベッドにこの装置を作ることはまだまだ非常に難しいといわざるをえません。

 しかし、結果が明白になった以上トレンドとして世に出る可能性はゼロではありません。せめて、ベッドの中で心地よい揺れをイマジネーションしながらより質の良い睡眠を得たいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です