スマートスピーカー向けのアプリ開発、音声インターフェイス(VUI: Voice Interface)や音声UXデザインの開発

快眠のための習慣とサプリメントをまとめてみた!

体は疲れているのに全然眠れないというあなたに、快眠のための習慣とサプリメントについて、まとめてみました。

快眠のための生活習慣と食事とは?

日光浴

快眠には、その日の食事内容や、普段の生活習慣が深く関わってきています。 

1.1日1回、20分以上日光を浴びましょう!

実は、1日1回、20分は日光浴をしたほうが良いという説があります。メラトニンという成分が眠気をつくるホルモンだということが理由として挙げられます。

メラトニンは、朝日を浴びた約15時間後に分泌が増加してきます。朝日を浴びることで、体内時計がリセットされるので、起きたら朝日を浴びるようにしましょう。

たったこれだけで、快眠に繋がるのです。

2.アーモンドは快眠によい!

アーモンドには、トリプトファンとマグネシウムが含まれているため、快眠に繋がります。これらは、筋肉と神経機能を低下させ、心臓のリズムも整える作用があります。眠る2時間前くらいに食べるのがおすすめです。

はちみつや、バナナなども、快眠にはよいのです。夕食に、これらを含めたヨーグルトを食べる女性は、割と多いみたいです。

3. 快眠に効くおすすめサプリ!

快眠に効くと言われているおすすめサプリを紹介します!

快眠おすすめサプリ

快眠に欠かせないサプリを試すのが日課の私だからこそおすすめできる、快眠サプリを4つご紹介!

ファインのグリシン3000

水と一緒に飲むと飲みやすいのでおすすめなグリシン3000は、なんとスティックタイプなので持ち運びも便利です。旅行に行った先でも手軽に飲めるので、私はグリシン3000を常備しています!

味は薄いラムネのような感覚です。

大塚製薬「賢者の快眠」

就寝・起床リズムを整えることにより、睡眠の質を高めてスッキリした目覚めを感じることができます。また、睡眠の質を向上させているのか、朝のアラーム前に起きることもできました。

リラックスナイト「深い眠りをサポート」

仕事が忙しい時など、帰ってきても頭が冴えて全然眠れない時に飲んでいます。私には合うようで、すっと眠れて目覚めも良いです。少し甘いので多めの水で薄めています。

自然に寝付ける感覚が戻ってきそうです。

琉球の夢

お試しサンプルから購入を決める人が多いようです。

琉球の夢も同じくスティックタイプで、持ち運びがしやすいサプリとなっています。私には吸収力が高かったのか、すぐに寝付けました。

味としては少し濃いめなので、少量のお湯に溶かすことをおすすめします。

まとめ

食事と日光浴、サプリメントなどに配慮して、快眠生活を今すぐ始めてみましょう。健康な体の方が、気分も効率もアップ間違いなしですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です